施術部位の炎症対策

医療脱毛をすると軽いヤケドをした状態になり、ヒリヒリした炎症が出てきます。クリニックから事前に対処法を教えてもらえるはずなので、軟膏などで対応しましょう。軽く赤くなって火照った感じがする程度は、医療脱毛の正常な反応です。施術部位を清潔にしたあとに軟膏を塗っておけば数日程度で徐々に落ち着き、お肌がきれいになっていきます。軟膏ではとても改善できないひどい痒みや火照りがあるようなら、クリニックに相談しましょう。安易な自己判断は危険なので、専門家の診断をあおぎます。クリニックによっては365日対応で相談を受け付けてくれる窓口があり、脱毛に際する不安を解消できます。

炎症以外のトラブルとして、毛嚢炎のリスクがあります。もともと持っていたトラブルが医療脱毛で悪化するケースもあるので、クリニックの判断をあおぎます。安全性に十分配慮して進める医療脱毛でも、副作用を完全に防ぐことはできません。起こりうるトラブル例を理解して、何かあったときにすぐ気付ける基礎知識を持ちましょう。ストレスや睡眠不足など体調面の不安があると、副作用リスクが高まります。医療脱毛の効果をしっかり継続させるためにも、規則正しい生活リズムに改善していく必要がありそうです。